知る人ぞ知る「ちょぼ焼き」

知る人ぞ知る「ちょぼ焼き」

 醤油の焦げた香りが懐かしい。 

「ちょぼ焼き」とは、戦後の食糧難時代に限りある日本国内に在る食材で出来る「ちょっとした」食べ物(粉モノ)として生まれ、全国的に存在していました。その後、日本は豊かになり国内外の色んな料理が食べられる時代の到来と共に忘れ去られていきます。

 そんな中で九州の熊本市内では、時代の変化・高度経済成長の歩みと共にこの「ちょぼ焼き」をしっかり変化・進化させ生き残る、ある1店の伝説のちょぼ焼き店がありました。しかしもう、そのお店は店主の高齢のために惜しまれながらも閉店をされました。

 「あの味を福岡の皆様にもお伝えしたい」、「遥々熊本市内まで通っていたかつての常連さんは食べられずに困っている」、「現代食文化に問題がある今こそ、是非お召し頂くべき」、という思いでここ福岡の地で熊本流の「ちょぼ焼き」を復活させて頂きました。

 昨今、健康の話題によく出る、成人病、生活習慣病、脳血管障害、高血圧、中性脂肪、etc.。これらは日本人の「食の欧米化、肉食化」による弊害とも言われています。そう言った事柄からの観点でも「ちょぼ焼き」を注目して頂ければと思います。

 「ちょぼ焼き」の味わい源(みなもと)は、醤油をベースとした特製のちょぼダレと漬物のたくあんにあります。また、大事な事は、先に申し上げた「日本国内に伝統的に存在する食材」と「日本人の体質に適した本来の食材」にこだわるという事です。

  醤油ダレで焼き上げる鉄板料理「ちょぼ焼き」を、年配のお客様には懐かしい味、若いお客様には新しい味、としてお楽しみ頂ける事と思います。「一枚入魂」の精神で一枚一枚を丁寧に焼き上げます。是非、このモチモチとした食感のちょぼ生地をお楽しみ下さいませ。

 当店は、熊本流の「ちょぼ焼き」「藍庵流」としてご提供致しております。

 

 

当店の「ちょぼ焼き」の生地には下記の食材が基本に入っております。

1、小麦粉を特製ダシで溶いた生地ネタ(卵は使用しておりません)

2、こだわりの、大豆・アミノ酸を豊富に含んだ醤油がベースのちょぼダレ

3、今、話題のDHA酸、EPA酸、を豊富に含んだ魚粉

4、適度な旨味を含んだ根菜漬けのたくあん

5、予め、ちょぼダレで焼き込んだヘルシーな豚肉(人気です)

※鉄板上に油は一切敷きません。

※ モチモチの「ちょぼ生地」の食感をお楽しみ下さいませ。

※生地ネタに卵は使用しておりません。

 

 

 注文方法は、お客様の多彩なご要望にお応えすべくトッピングオーダー方法になってます。ご注文時のお客様のお腹の減り具合で「生地の大きさ(何ちょぼにする?)」をお選び頂き、次に中身の具材をその日の気分で(野菜中心?肉中心?こってり系?あっさり系?)お選び頂くトッピング組み合わせ方式です。(詳しくは後述)

 

お皿に盛りつける直前に、食べやすいように短冊状に切り分けてからお客様にお出し致しております。

 

 

FACE BOOK

mixi

Yahoo!blog

食べログ  もご覧くださいませ。

独特の調理法

この特注の特大ヘラ(7ちょぼサイズ以上で登場します)を使って、鉄板上で「バィ~~~ン!」と爆音を奏でながら焼き上げております。

当店の「ちょぼ焼き」は、このように特大ヘラ(6ちょぼサイズ以下は普通ヘラ)を使って「ダイナミック」に気合い一発のオトコ技で焼き上げて参ります。この調理法によってモチモチの食感の持つちょぼ生地が生まれます。油が敷かれていない鉄板では野菜も香ばしく焼き上がります。

 

 この「ちょぼ焼き」のご注文内容は「12ちょぼの野菜・野菜・野菜・麺・麺・麺・肉・肉・肉・玉子・玉子」です。ボリューム的には約3人前位の内容です。更に大きなサイズの特大ヘラ(特注品)を使います。この画像の時はお客様「まーちゃん」さんが御一人でビール2本飲みながらお召し上がりになりました。(驚)

 

続いて、このご注文の「ちょぼ焼き」特大ヘラで返すシーンです。「ちょぼ焼き職人」の腕(気合い一発のオトコ技)の見せ所です。とっても重いんですよ~。

お見事。

 

※独特の調理方法の特性上、並びに鉄板スペースの都合上、同時に2枚までしか焼けません。焼き上がり所要時間は約7分です。手前都合を申し上げまして誠に恐縮ですが、手間ヒマ掛けて「一枚入魂」の精神で真心込めて焼き上げます。

 

 油を使わず、焦げやすい醤油ダレで焼き上げております。恐れ入りますが、一生懸命に調理中の焼き手へのお声掛けは、御控え下さいませ。一瞬の油断が、焦げたり、タレの味わいが変わったりします!!。手前勝手を申し上げ誠に恐縮ですが、宜しくお願い申し上げま~すバイバイ

 

食べやすいスタイル

 

スィスィスィ・・・・・・・

 

 

 

ヨイショッ・・気合い一発で・・・

 バィ~~ンexclamationexclamation

 

 

 

 

 

 

 

 

 

独特の注文(オーダー)方法

 独特のシステムですが目的は、お客様の注文時のお腹の減り具合、その日の好み(気分?)に柔軟にお応えすべく、このシステムとさせて頂いております。

 

〇ちょぼ(ちょぼ生地の大きさを決める  トッピング・ナンバー(中身の具材を選ぶ) 

という組み合わせでご注文をお申し付け下さいませ。

 

 

 まず

 〇ちょぼ(生地の大きさを決める)全て肉入り

 

ちょぼ  ¥00

ちょぼ  ¥00

ちょぼ  ¥00  

 ~15ちょぼ ¥1500(最大)

 

次に

トッピング・ナンバー(中身の具材を選ぶ) ダブルorトリプルのトッピングもOK!

①野菜(角切りキャベツ、もやし、) ¥150

②麺(ちょぼダレで焼き込んだ太麺) ¥150

③肉追加(ちょぼダレで焼き込んだこだわりの豚肉) ¥100

④玉子(生地上に広げます) ¥100

⑤ねぎ ¥200

⑥チーズ ¥200

⑦特上肉 ¥400

⑧メキシカン(サルサソース&チーズ) ¥300

以上8品。

 

 

 初めてのお客様におススメする組み合わせ

ちょぼ(¥400)①②(野菜¥150・麺¥150)¥700(バランス&ボリューム)

ちょぼ(¥500)(野菜¥150)¥650(シンプル&ヘルシー)

ちょぼ(¥400)①①③(野菜¥150・野菜¥150・肉増量¥100)¥800

(若っかモンは野菜ばバリ食わんといかんよ)

 

ご注文時の言い方は、上から

よんいち、に、

いち、

よんいち、いち、さん、」 と、なります。

 

 

 

アイアン焼きそば ¥650  大盛り¥750 玉子付き+¥100

(トッピングナンバーからの追加トッピングOK!)

シャキシャキの野菜がタップリ入った、ちょぼダレ仕上げのあっさり醤油味の焼きそばです。

 

 

メキシカンスペシャ (ルビー・ドリンク付き)¥1000

3ちょぼサイズですが、メキシカンテイストをたっぷり楽しめます。

 

当店の料理は全て「お持ち帰り」が出来ます。お持ち帰り時間指定&予約にもご対応致します。どうぞ、お気軽にお電話下さいませ。

電話番号:092-623-1680

メニュー

生地の大きさトッピング藍庵流ちょぼ焼

  ちょぼ  ¥400

  ちょぼ  ¥500

  ちょぼ  ¥600

  ちょぼ  ¥700

  ちょぼ  ¥800

   ~  15ちょぼ  ¥1500

       

   ①野菜(シャキシャキ食感のキャベツ&太もやし) ¥150

  ②麺(ちょぼダレで焼き込んだ太麺) ¥150

  ③肉追加(ちょぼダレで焼き込んだ豚肉) ¥100

  ④玉子 ¥100

  ⑤ねぎ ¥200

  ⑥チーズ ¥200

   ⑦特上肉 ¥400

   ⑧メキシカン(サルサソース&チーズ)¥300

    注)組み合わせ自由&ダブル・トリプルトッピングOK。

 

 

アイアン焼きそば

普通盛り¥650

大盛り  ¥750

卵入り +¥100

 

 

 

~~~~~~~~~~ベーシックちょぼ~~~~~~~~~~

 

 

野菜ちょぼ

(4ちょぼ+①野菜)

¥550

 

 

野菜・麺ちょぼ

(4ちょぼ+①野菜②麺)

¥700

 

 

野菜・麺・肉ちょぼ

(4ちょぼ+①野菜②麺③肉)

¥800

 

 

メキシカンスペシャル

¥1000(3ちょぼサイズ+ルビー・ドリンク付き)

サイズアップ(1ちょぼ当たり¥100)

藍庵名物「勇者列伝」

 当店の「ちょぼ焼き」をご愛顧なられるお客様に特典がございます。ビッグサイズをオーダーされ、御一人で完食なさったお客様には記念撮影と記録を「店内掲示」させて頂いております。ビッグサイズを見事に完食された勇者達の雄姿(記録)を御覧ください。

<ルール>8ちょぼ以上+トッピングを5品以上の組み合わせ

 

中には、小学3年生の女の子マルの雄姿もございます。

 

現在の最高記録は・・・・・

「15ちょぼ+①①①②②②③③④④(野菜、野菜、野菜、麺、麺、麺、肉、肉、玉子、玉子、)・・・・・+ビール3本」ですexclamation

 

新たな挑戦者をお待ち申し上げます。

(あくまで完食へのご褒美企画です。時間制限などありませんのでゆっくりとご賞味下さいませ。)

(大きい「ちょぼ焼き」は大ヘラで返すのが大変です。ある意味、焼き手とお客様の戦いの様な・・)

 

 

 

「勇者列伝」

お客様の声

ちょぼ生地がモチモチの食感ですね。醤油ダレはあっさりサッパリしていてたくさん食べても飽きないですね。(福岡市・男性)

クセになる醤油ダレ。しばらくするとまた食べくなります。(福岡市・男性)

大きなヘラを使ってダイナミックに焼き上げる様子は見ていて楽しかったです。(福岡市・女性)

ボリュームたっぷりのちょぼ焼き。大食いの私にピッタリ。節度あるあっさりしたちょぼダレは食べてて飽きないですね。(福岡市・男性)

やっぱり日本人は醤油ですよね。美味い。(宗像市・男性)

油を使わずに焼いてるのがヘルシー。女性には嬉しいです。ダブル野菜がおススメです。野菜が甘くて美味しかったです。(福岡市・女性)

チーズと醤油ダレが合いますね。美味しかったです。(春日市・女性)

福田流の味を見事に再現してました。(熊本市・男性)

小さくカットしてあるのでお好み焼きと違って食べやすかったです。(福岡市・女性)

今更ながらこの醤油ダレはハマりますね。タクアンが効き味になってました。(大野城市・男性)

暫くするとまた食べたくなる味です。(北九州市・男性)

野菜とチーズの組み合わせがイイです。(鳥栖市・男性)

醤油味の焼きそばは珍しい。魚粉もたっぷりと美味しかったです。(福岡市・男性)

お昼前に頂きましたが、モチモチの生地が腹持ちが良くて夕方までお腹が空きませんでした。(福岡市・男性)

こってり味のラーメンに飽きたところに、あっさり醤油味のちょぼ焼きを知りハマりそうです。(福岡市・男性)

ちょぼ焼き専門店は福岡初登場との事で、初めてちょぼ焼きを知りました。(福岡市・男性)

お好み焼きとは違います。別物です。美味い!。(福岡市・女性)

職人さんが黙々と焼いてました。声を掛けたらいけないそうです。(福岡市・女性)

この醤油ダレはクセになりそう。もちもちの生地もクセになりそう。(久留米市・女性)

歳を取るとお好み焼きの濃厚ソースが食べれなくなりましたが、あっさり味のコレはいい。(福岡市・男性)

 

店舗・会社情報

店舗(企業)名 ちょぼ焼き・焼きそば専門店 藍庵
ふりがな ちょぼやき・やきそばせんもんてん あいあん
カテゴリー 飲食店
シニア向け
東区
食品・飲料・スイーツ・嗜好品
市外
所在地 812-0061
福岡市東区筥松1丁目9-2
電話番号 092-623-1680
FAX番号 092-682-2152
取り扱い商品・サービス ちょぼ焼き 焼きそば B級グルメ
紹介文 知る人ぞ知る「ちょぼ焼き」。特製の醤油ダレで焼き上げるボリュームたっぷりの和風お好み焼き(?)が「藍庵流ちょぼ焼き」です。美味しさの秘密は調理方法にあり。「アイアン焼きそば」も特製醤油ダレで焼き上げます。駐車場は店舗右側にございます。③番以外の全てがご利用頂けます(5台分)。店舗前スペースも駐車可です。月曜定休 営業時間11:30~19:00
ホームページURL http://blogs.yahoo.co.jp/a_hits_shio/folder/44540.html
メールアドレス kohco2@yahoo.co.jp