良い保険とは、いったいなんでしょうか? 

良い保険とはいったいなんでしょうか?それはどこの保険会社を選ぶかと、同じく重要なのが「担当者」ではないかと思います。

病気やケガでの入院時、それに死亡時のお手続き。その事を考えただけで、煩わしくなります。

良い保険とは、それぞれのお客様にとって一番ベストな生命保険の提案と、いざという時の入院給付金や死亡保険金の請求手続きの敏速な対応では、ないでしょうか。
 

弊社では特に給付請求時には、お伺いしご契約者に分かり易く説明させて頂き、敏速なお手続きを致します。

交通の便の良い場所、清川にあります。

弊社は渡辺通りと春吉に隣接する清川にあります。 付近には FBS放送局やニューオータニホテル・アパホテルそれに博多の台所として知られる柳橋連合市場などがあり、マンションや飲食店の多い住宅街です。

保険の見直しについて

保険の見直しとは 必ずしも解約し、契約し直すことではありません。 ・解約し、また新規で契約をし直すと、大半の場合ご契約者の損となります。

 
特に終身保険(医療保険・がん保険・死亡保険)の場合、保険料は契約年齢のままで上がることはない為、(注、特約は別)安い保険料で掛け続ける事ができます。

しかし一方では年金に対する不安、高齢化に伴う医療負担増、さらにはその事に起因して健康保険の自己負担率の増加等を踏まえ、保険の見直しは緊急を要する事でもあります。

医療レポートより「がん治療費の現状」

 ・ 「がんによく効く薬」が、患者さんをくるしめている。

「がんになったら、お金をどうしよう」と心配している方は多いと思います。最近はがん発症の若年化が進んでいま すが、40~50歳代は住宅ローンや教育費を抱え、生活が目いっぱいの世代です。

20~30歳代でがんになり、後遺症や副作用で仕事が続けられなくなる 方もいます。一方、がんの中心年齢層である60歳代以上にとっても、年金生活の中、どれだけ費用が掛かるか未知数のがん闘病は頭の痛い問題です。

そ んな闘病をさらに悩ましいものにする事態が、近年静かに進みつつあります。原因は皮肉にも「よくきく薬」です。研究の進歩により画期的な新薬が登場し薬を 飲み続けることでがんとの共存が可能になりました。そう、がんと共存して生きるため、いつまで続けるか分からない、先が見えない長期にわたる治療で高額な 薬を飲み続けなければならない人が増えているのです。

抗がん剤治療は入院から通院へ

がんの標準治療は、三大治療法(手術・放射線・抗がん剤)の組み合わせで構成されていますが、抗がん剤治療はここ数年で大きく進化し、様変わりしています。最も顕著違いは、入院せずに通院しながら外来で治療を受けられるようになったことです。
現在、抗がん剤治療の7~8割が通院治療になっています。

通 院治療が増えている理由は主に3つあります。第一に、2004年から通院で治療を行う場合は診療報酬が加算されるようになったことによる病院経営上の理 由。第二に、抗がん剤の副作用に対処できる支持療法薬が開発され、入院して体調管理をしなくても、患者さんが自宅で過ごせるようになったこと。第3に、治 療と仕事や家事の両立を求める患者さんが増え、社会のニーズも通院治療へのシフトに拍車を掛けていると言えるでしょう。

がん患者専門カウンセラーと代理店への感謝の声

代理店の方に私の保険にプレミアサポートが付いていることを教えていただいて利用しました。

カウンセラーさんにお会いするまでは病院の先生と会うような感 じで少しドキドキしていましたが、実際にお会いすると、いろいろなお話ができて、先生との話では聞けなかったことも得られてすごく安心しました。

もっと早い時期にプレミアサポートのことを思い出していたらよかったと思っています。カウンセラーさんのような方が一人でもおられると、患者としてはたいへんこころ強く、治療もがんばろうとゆう気持ちになります。フォローコールもぜひ利用したいと思います。

店舗・会社情報

店舗(企業)名 有限会社ライフクリエート
ふりがな らいふくりえーと
カテゴリー 金融・保険
所在地 810-0005
福岡市中央区清川3丁目30-9
電話番号 (0120)521-572
FAX番号 (092)521-2150
代表者 赤荻 博司
資本金 300(万円)
従業員数 3(人)
設立(創業)年月日 1994-03-20
取り扱い商品・サービス 生命保険(アフラック・オリックス生命)
紹介文 良い保険とはお客様にとってベストな生命保険の提案といざという時の給付請求手続きの敏速な対応です。
メールアドレス fukuha05@iris.ocn.ne.jp