代表者 和佐 裕

 

代表者プロフィール:

福岡市出身。西南学院大学法学部卒。世界第2位の医療機器メーカーで在宅用医療機器(人工呼吸器・睡眠検査装置)の営業に従事。慣れない営業でメンタル不調になるが立ち直り、成績1位を獲得、表彰される。外資の極端な成果主義に疑問を感じ、「一人ひとりが誇りを持てる職場作り」をモットーに社会保険労務士の資格を取得。社会保険労務士法人への勤務を経験後、独立開業。

趣味:

浅田次郎の「蒼天の昴」シリーズ、邪馬台国、球磨焼酎案内人

セミナー実績:

ゲートキーパー研修、ヴィジョンボード作成、睡眠研修

保有資格:

社会保険労務士/心理カウンセラー/メンタル経営カウンセラー/メンタルヘルス・マネジメント検定

睡眠検定2級・3級/宅地建物取引主任者/FP技能士3級/公認モチベーションマネージャー

 

 

特長

・独立前に社労士に関して数多く調査したところ、「顧問ながらあまり訪問がない」「連絡しても折り返しがない」と聞きました。

私はこれを踏まえ、じっくりクライアントの話を聞き、すぐに対応する。いわば当たり前のことを大切にしようと思いました。加えて、押し付けでなく、細かい料金体系のもと真に必要とされているサービスを提供することを心がけています。

1.オーダーメイドコンサルティング

標準的な料金表とは別にご要望に応じて、細かく料金設定。対面にてじっくりコンサルさせて頂き、必要ないサービスはいたしません。助成金についてもすべてお任せの着手金、成功報酬25%をベースに、廉価なアドバイザリー契約のみも可能(1万円/月)。営業No1を獲得したDRMを主体とした営業コンサルも実施中。

2.QQ(救急)対応

人工呼吸器など、生命に関わるシビアな患者様に対応してきた経歴と心構えで、スピーディに対応。クイックかつクオリティ(QQ)高く、原則ご質問には1営業日以内メール・電話にて対応します。

3.メンタルヘルスに強い

自身のメンタル不調からの回復の経験を活かし、心理カウンセラー・メンタル経営カウンセラーなど資格を取得。長年、睡眠医療にも携わり、睡眠を切り口に 相談に応じます。メンタルチェック対応可能。個人カウンセリング、法人カウンセリング契約承ります。

4.障害年金に強い

障害年金はメンタル不調の方が大半。また申請には診断書を医師にかいてもらう書き方が重要。心理カウンセラーとしてのメンタル不調についての知識と経験にあわせて製薬・医療機器の営業マンとして医師との交渉には実績があります。

 

マイナンバー

10月には個人にマイナンバーが通達されるのをご存知ですか?

マイナンバー法が国会で可決されました。10月にはマイナンバーが個人あてに通達され、来年1月には運用が開始されます。準備まで猶予はありません。もし情報漏えいが起きたら、重い罰則があるため、準備するしかありません。しかし、何から手をつけていいか正直わかりません。時間もありません。その弱みにつけこんで情報システム会社や税理士は何十万円とする高額なシステムの受注をしています。

 

私たちは日常業務で忙しい御社のために簡単な紙ベースをもとにしたマイナンバーの運用システムを開発しました。

主なシステムの内容ですが・・・

⇒紙ベースのマイナンバーシステム(ファイル・個人票・封筒)

⇒マインバー規定集

⇒マイナンバー説明会・運用指導・就業規則診断・・・etc

 

実際に御社をご訪問し、国家資格社会保険労務士がマイナンバーの説明会や運用指導まで行います!まずは無料訪問診断をお申込みください。気に入らなければ、導入の義務はございません。

 

価格は社員(役員含む)10名まで19,800円(税抜き)となります。社員11名から10名増えるごとに5,000円アップになります。一人わずか500円のアップです。これで利益を求めるつもりは、さらさらありません。なぜなら、私は中小企業を支援する社会保険労務士だからです。社会保険の専門家社労士に任せて、マイナンバーに負けずもっと売上をあげてください。

助成金代行

雇用保険に加入していれば、もらえる助成金があります!!

行政は不親切です。こちらから、聞かないと教えくれません。雇用保険に加入して、条件に合っていれば当然にもらえる助成金があります。一例ではトライル雇用といってハローワークを通じて雇用した場合に、3か月に渡って4万円支給され、計12万円になります。その後、常用になるかどう判断できます。そのほかに、有期社員から正社員に転換すれば、一人あたり50万円もらえる助成金もあります。貰えるものは貰わないと損です!

 

私たちは日常業務で忙しい御社のために、助成金の手続きの代行を行います

主なシステムの内容ですが・・・

⇒助成金の申請代行

⇒研修カリキュラムの策定

⇒助成金の前提となる、法定文書の整備・・・etc

 

実際に御社をご訪問し、社会保険の手続代行を認められた唯一の国家資格社会保険労務士が助成金の活用法や運用指導まで行います!まずは無料訪問診断をお申込みください。気に入らなければ、導入の義務はございません。

 

助成金は賃借貸借表上、多大な貢献をします。これだけの利益を上げるのは大変です。ただ、私はこれで利益を求めるつもりはさらさらありません。なぜなら、私は中小企業を支援する社会保険労務士だからです。社会保険の専門家社労士に煩わしい作業は任せて、助成金を上手に活用してください。

雇用関係助成金一覧

新しく造られる助成金…やや前倒しのもの、大きい助成金の「一族」も含みます。


・企業内人材育成推進助成金 : ジョブカードなどのキャリア形成ツールを使う会社向けです。

・キャリア形成促進助成金「ものづくり人材育成訓練」 : 団体若しくは企業単独の訓練をした場合。

・中小企業両立支援助成金・育休復帰支援プランコース : 去年できるものが、この2月1日から開始。

・職場意識改善助成金・所定労働時間短縮コース : 時間外労働の削減に係る目標を達成した場合。


・障害者職場復帰支援助成金 : 職場の中途の障害者に対する助成金です。うつ病対策など。 

・障害者職場定着支援奨励金 : 障害者の方の職場支援員の確保のための助成金です。

・障害者職場適応援助促進助成金 : 計画による職場適応援助者による支援に対する助成金です。

・障害者職業能力開発助成金 : 障害者教育を行う施設の設置運営を行う事業所向けです。


要件が良くなる助成金 …額の増加や、大企業でも受けられるものが増えました。


・キャリア形成促進助成金 : 大企業で受けられるものが増え、育休中コース等に割増。

・キャリアアップ助成金、正規雇用等転換コース:派遣労働者の正社員雇用が80万円に増加。

・キャリアアップ助成金、多様な正社員コース : 改称。勤務地・職務限定正社員転換を創設。

・キャリアアップ助成金、人材育成コース : OJT有期助成額が中小は引き上げ。育休助成創設。

・キャリアアップ助成金、処遇改善コース : 増額、拡充。ある種の賃金テーブル増額改定創設。


・職場意識改善助成金(テレワーク・コース):サテライトオフィスのテレワークを助成対象に追加。

・職場意識改善助成金(職場環境改善コース): 助成率はそのまま。上限100万円に増加。

・受動喫煙防止対策助成金 : 屋外喫煙所の助成を開始。助成の対象経費の範囲を見直し。


・労働移動支援助成金(受入助成金):早期退職の正規労働者にも拡充されます。

・建設労働者確保育成助成金:一部のコースに女性関連の項目が入り、大企業もOKになります。

・トライアル雇用奨励金:試用の助成金。母子・父子家庭に、上乗せ支給がされます。


・ポジティブ・アクション加速化助成金 : ポジティブ・アクション能力アップ助成金の後任。拡充です。

・中小企業両立支援助成金(代替要員確保コース) : 額が倍額になり、“くるみん”が優遇されます。

・中小企業両立支援助成金(期間雇用者継続就業支援コース):研修不実施で出ます。加算廃止。

・事業所内保育施設設置・運営等支援助成金 : 設置費、増築費は不変。運営費が7月から増額。


・高年齢者雇用安定助成金「高年齢者活用促進コース」:業種により限度額が増え、定年が下がります。

・障害者職場定着支援奨励金:重度知的・精神障害者職場支援奨励金を見直し、対象が増えます。


要件が悪くなる助成金…これまでの拡充傾向が止まるものが多いです。5月1日改正もあります。


・職場定着支援助成金(旧労働環境向上) :新コースが1つ新設し10万円に減額。成果で60万円出ます。

・求職者支援訓練 : 就職実績を雇用保険の適用される就職に限定します。

・中小企業最低賃金引上げ支援対策費補助金 : 2月から。最高限度額が上昇ですが、厳しくなります。


・特定就職困難者雇用開発助成金 : リーマン前の水準に削減。 (5月1日より)10月改正もあります。

・高年齢者雇用開発特別奨励金 : リーマンショック前の水準に戻ります。(5月1日より)

・発達障害者・難治性疾患患者雇用開発助成金:中小企業は額が減ります(5月1日より)

・被災者雇用開発助成金:要件は変わりませんが、3分の2に額が下がります。(5月1日より)


廃止になる助成金…3月31日廃止。


・高年齢者雇用安定助成金「労働移動支援コース」 : 利用実績が皆無に等しく、なくなります。

・精神障害者雇用安定奨励金 : 廃止され、予算分は別の障害者新助成金に建て替えられます。

・子育て期短時間勤務支援助成金 :  これも実績が少なく、なくなります。

・労働時間等設定改善推進助成金 : 存続のアナウンスもありましたが、廃止です。


横ばいの助成金…長年続いているものが多いです。 まだ不明のところもあります。


・労働移動支援助成金(再就職支援奨励金) : 予算は減りますが変わりません。

・沖縄若年者雇用促進奨励金: 沖縄県内の若年者の賃金助成です。変更なし。

・地域雇用開発奨励金:地域の分類が多少変わる以外は変更なしです。

・通年雇用奨励金:出稼ぎの季節労働者の方のための助成金です。全く変更なしです。


・求人セット型訓練 : 求人用教育“委託”助成金。地域によりけりですが、引き続き存続予定です。

・職場適応訓練費 : 障害者の教育“委託”助成金。これも変わらない予定です。

・中小企業障害者多数雇用施設設置等助成金 : これも改正はないと思われます。


・雇用調整助成金:大ナタが振るわれてリーマン前の水準に戻り、これも変わらない予定です。

・障害者トライアル雇用奨励金:障害者の短時間含む試用助成金。これも変わりません。

・障害者初回雇用奨励金:額が下がる可能性がありますが、今のところ変わらない予定です。

店舗・会社情報

店舗(企業)名 社会保険労務士事務所ヒューマンコンサルティング福岡オフィス
ふりがな しゃかいほけんろうむしじむしょひゅーまんこんさるてぃんぐ
カテゴリー 企業向け
一般向け
コンサル・士業・専門家
所在地 812-0011
福岡市博多駅前2-12-26 福岡Dビル702
電話番号 092 -519-5395
FAX番号 092-510-7248
代表者 和佐 裕
取り扱い商品・サービス 社会保険労務士・コンサル業
紹介文 じっくりコンサル。クイック&クオリティ、人事・年金QQ隊です。
助成金・年金のことならお任せください。
メールアドレス info@humancosulting.biz