チーズ歴史?

チーズの種類

 『 フレッシュチーズ』とは、熟成させないチーズのことです。
  ミルクに乳酸菌や酵素を加えて固めて水分をとると白い固まりができます。
  このタイプは他のチーズと比べて水分が多く粒状あるいはペースト状をしており、
  軽い酸味とさわやかな風味が特長です。そのまま食べられるくせのないチーズです。
  主なチーズ・・モッツアレラ、リコッタ、カッテージ、クリームチーズ、マスカルポーネ




 『 白カビチーズ 』とは、マイルドな風味が魅力。
  チーズの表面に白カビを植え付け覆い、表面から中心へ向かって熟成させていきます。
  ソフト系のチーズでもっとも人気のあるカマンベールは代表的な存在。
  比較的熟成期間の短い、若いものは中心に芯がありますが熟成が進むと芯は消えます。
  熟成がすすむと芳香が強くなるため、初めての方には若いタイプがおすすめです。
  また乳脂肪分の割合により、クリーミー・マイルドさがかわります。
                主なチーズ・・カマンベール、ブリー、クロミエ



 『 青カビチーズ 』は、フランス最古のチーズといわれる歴史があり、
  一般に「ブルーチーズ」と呼ばれています。
  チーズの内部に青かびを植え付け繁殖させるチーズです。
  塩味が強めで独特な風味とピリッとした刺激は好みの人にはたまらないチーズです。
  初めて食べるときには、はちみつをかけて食べるのがおすすめです。
  主なチーズ・・ロックフォール、ゴルゴンゾーラ、スティルトン(世界三大ブルーチーズ)




 『 ウォッシュチーズ 』は、表面に特殊な細菌(リネンス菌)を繁殖させ、その表皮を塩水や
  その土地のワインやブランデー、ビールで洗いながら熟成させています。
  オレンジ色外皮からはかなり強烈な香りがありますが、中身は意外とマイルド。
  初めて食べる方は表皮を外して中身を食べるとこから挑戦してみてください。
  ワインとの相性も良いのでぜひ食べてほしいチーズです。
  主なチーズ・・ピエ・ダングロワ、ルイ、マンステール



 『 シェーブルチーズ 』とは、フランス語で「メスの山羊」のことです。
  文字通り山羊の乳で作らたチーズで牛乳から作るチーズより歴史は古いと言われています。
  組織はやわらかく、山羊特有の強い個性のある風味で、初心者にはちょっとハードルが高い
  チーズですが、やみつきになる人も多いそうです。
  主なチーズ・・サント・モール・ド・トゥレーヌ、クロタン




 『 セミハードチーズ』とは、製造過程の中で、プレスして水分を38~46%と少なくし  
  た比較的硬い(半硬質)チーズです。
  ナチュラルチーズの中でも保存性が高く、日本でもおなじみのチーズです。
  くせがなくて食べやすいので、初心者におすすめです。
  主なチーズ・・ゴーダ、サムソー、マリボ-




 『 ハードチーズ 』とは、 セミハードタイプよりも熟成期間が長く、6~10ヵ月、
  長いもので5年以上じっくり寝かせるため非常に硬質で、濃厚な旨みのある
  チーズに仕上がります。(水分が38%以下)
  大きく重量のあるチーズで、1個で3kgから重いもので130kgもあります。
  チーズフォンデュに使われるエメンタールやグリュイエールも、ハードチーズです。
  主なチーズ・・パルミジャーノ・レッジャーノ、コンテ、ミモレット



 『 プロセスチーズ 』日本でもなじみの深いプロセスチーズは、ナチュラルチーズを
  1種類または数種類混ぜて加熱し加工したものです。
  ナチュラルチーズに含まれていた乳酸菌やカビの発酵を止めてしまいますので、
  チーズ特有の熟成というものがなく、味が一定で保存性に優れています。
  主なチーズ・・スライスチーズ、6Pチーズ、スモークチーズ



チーズとワインとの相性

店舗・会社情報

店舗(企業)名 ムラカワインターナショナル株式会社
ふりがな むらかわいんたーなしょなるかぶしきかいしゃ
カテゴリー 食品・飲料・スイーツ・嗜好品
所在地 812-0893
福岡県福岡市博多区那珂6-1-18
電話番号 092-474-8855
FAX番号 092-474-8856
代表者 太田 基志
資本金 7200(万円)
従業員数 23(人)
設立(創業)年月日 1971
取り扱い商品・サービス チーズ及び関連製品の加工・販売
紹介文 世界の美味しいチーズで日本中のテーブルを豊かにするという理念のもと、品質の良い美味しいチーズを加工・販売しています。
ホームページURL https://www.b-mall.ne.jp/CompanyDetail-DQbqCQdzGTfz.html
メールアドレス international@murakawa-i.com