永田土地家屋調査士事務所
土地や建物の登記手続きや方法、土地の測量や境界線に関することなど、お気軽にご相談ください。
心正堂 株式会社
疲れた時の抗酸化能力43万をもつアフリカカメリアシネンシス((エピガロカテキンガレート、必須アミノ酸・アミノ酸)と高分子水溶性キトサン(キトサンの200倍ISO9001を取得した工場で厳格な品質管理のもとに製造し、世界で最も基準の厳しいFDAで安全性試験を行い、有害物質は検出されませんでした。)癌・肝臓・ウイルス・血糖値・中性メタボリックなどに有効な天然成分の健康食品で安全性のピュアバランスです体に有害な物質を吸収して体外に排出し 。また燐脂質と結合してさまざまな生活習慣病を抑制、活性酸素により誘導された変異原性に対する抑制効果、さらにDNAの酸化的傷害に対する抑制効果などが確認され エピガロカテキンガレートは、細胞に入った発ガン物質が、活性酸素によって過酸化物になり細胞のDNAに傷害を与えるのを防ぐ。一方ケルセチンは遺伝子を複製する前の段階で細胞の増殖を抑えるはたらきがあり、ガン細胞を死滅させる作用を発揮する、ことが知られている。アミノ酸・必須アミノ酸も持つていて、抗酸化食品として有名になった赤ワインの約7倍のケルセチンを、アフリカ・カメリアシネンシスは含有している。紅茶の赤色色素で知られているテアフラビンジガレートは、その生理機能が注目され、没食子酸を2分子もつテアフラビンジガレートが高い抗酸化性とともに、活性酸素により誘導された変異原性に対する抑制効果、さらにDNAの酸化的傷傷害に対する抑制効果などが確認されいる。アフリカカメリカカメリアシネンシスは多種の天燃のポリフェノールを合有することによって、強い抗酸化作用を相乗的に発揮  純度が高い高分子水溶性キトサンは、生体機能調節の条件を兼ねそなえた食品といえます。高分子水溶性キトサンはプラスイオン(+)を帯びていますので、体に有害な物質を吸収して対外に排出し 腸内の善玉菌を活性化させて、悪玉菌を抑制させ  腸内炎症や胃潰瘍部位を包み込み、外部細菌や異物質からの攻撃を防ぎ、細胞生成を助け 飲酒時、肝臓を刺激しアルテハイドを分解、二日酔いを解消し肝臓を保護、強化させて  腸に溜まった宿便を取り除き、栄養分吸収と快適な腸内活動を助けるのに特に優れて農薬、公害、特にダイオキシン等のマイナスと強く結合し、体外に排出させ 食塩の塩素イオンと結合、余分な塩分を排出させ高血圧の要因を解決し  腸内の余分な胆汁と結合、それを排出するので胆汁の問題発生とコレステロールの吸収を防いで  血管内でのイオン作用で、異物質、コレステロール、血栓を溶かし血圧を調節し  血管内壁のコレステロールと血栓の癒着を阻んで、動脈硬化など成人病誘発を抑制  脳血管障害(脳梗塞・脳出血)防止、脳細胞活性化で老人生痴呆、脳梗塞を予防  インシュリン生成と膵臓の生理活動を手伝つて、血糖を低下させ体内エネルギーを増幅させ  血液の㏗(酸度)を調節免疫系と酸性体質を改善させてくれます。免疫系の主役であるT-Bリンパ球を活性化させて自然治癒力を向上させ、抗癌効果があり  血管壁表面の接着分子と結合し、癌細胞の移転を封鎖し阻み 自然状態の高分子水溶性キトサンオリゴマ-(キトサンオリゴ糖)は一番毒素が強いホルモンを中和させ、生体バイオリズム(知性・感性・生体リズム)を調整し乱れた身体機能を取り戻します。基礎代謝をあ
★HP制作:スマホ対応!自分で更新可能! 【限定受付】/合同会社フィット
「ホームページ専門(WEB動画含む)」の制作会社です。数多くの制作実績を積み上げてきました。
フルーツのやまうち
福岡果物おまかせ柳橋で果物店  シャインマスカット、山梨産の白桃入荷中 柳橋でお世話になって70年フルーツアドバイザーのお店へ当店の果物は中央卸市場の仕入れです毎日残留農薬の抜き打ち検査や放射能検査に合格した青果物ですので安心安全です 大切なお子様に安全な農産物を提供いたします
“恵味香” (megumika)
奇跡の希少高級ミカンである “味香みかん” は、収量は少なく・栽培が難しいのですが、素人から作り始めて今年で4年目になります。3回目となる収穫日は、12月中旬頃の予定です。初出荷日は 2月になります。他品種では、収穫後すぐ出荷という事になります。でも、“味香みかん” は、味と香りと濃くと食感が最高頂になる手前までじっくりと寝かします。その為、初出荷は 2月上旬の予定になります。それでもまだ早い!かも知れません。5月頃まで、その味は頂点を目指して進化していくのです。驚異ではありませんか? 是非ご賞味ください! ※お願い:減農薬にチャレンジしております。そして“味香みかん”には、WAX掛けや磨きの機械通し作業は一切行いません。触る作業そのもモノを控えております。それは、“味香みかん” 自身の持つ、防御力を削がない事が目的です。その意味では見栄えが悪いかも知れませんが、ご理解ください。