業績の7割は営業力!

News!!
          福岡市東区香椎の住宅街に隣接し、玄界灘も臨める4000坪の山林』を
   家1軒分2000万円で販売します。
   お問い合わせは下記メールか☎092-281-2951へ                                                                                    
                         代表取締役 山本猛夫


弊社のコンサルテーションは、
 「営業員個々人の基本と応用の体得で、能力向上とチームワークの強化をはかり、人間観に立脚した貴社独自の新しい科学的販売システムの構築で、営業体質の転換により業績向上を計り、生き甲斐、働き甲斐のある企業を創る」ことです。
 おかげ様で37周年、この間の道程のご支援に心より感謝申し上げます。

最近経営者から下記のような、お問い合わせが増えてきました。

□  販売がうまくいかないから相談したいが、販売専門の
    コンサルタントはいるのか?

□  ただ業務をこなすだけでなく、積極的に提案はしてくれ
    るのか?

□  管理システムづくりなど、きめ細かい対応をしてくれる
    のか?

□  社員教育はしてくれるのか?

□  できれば経営全般に関しても相談にのってほしい。

このようなご相談に、応え続け解決して参りました。



「営業員は皆一生懸命にやっているけど、業績思うように伸びない」
これが昨今の特徴です。でも、本当に他社もそうでしょうか。市場規模は縮小しても、販売戦略に問題ないか。戦闘力はどうか。環境の変化にピントが合っていますか?企業業績の7割は営業力です。


□  営業員の売上伸び率格差は拡大していませんか?
□  貴社独自の”先の見える”販売管理システムがありますか?

     弊社は営業体・体再生工場として自負しております。弊社独自のノウハウで、 貴社と一緒に営業部門を楽しい勝ち組に変えます。



3ヶ月(ステップ1~5)で「営業体質」を変えます。

半年~1年で「勝つ集団」に作り上げます。

3年目は「業界の雄」をはばからない貴社独自のノウハウが構築されます。

山本猛夫 紹介


熊本県生まれ。大阪工大出身。タナベ経営を経て1979年「販売開発研究所」を創業、85年法人設立し代表取締役に就任。戦略家でかつ、現地・現場・現物の三現主義を貫く。厳しさ・信念・情熱で顧問先の業績向上に貢献し、特に販売営業分野では定評。これまで各種製造、卸売業、流通・小売業、サービス業、ソフトウェア業を顧問先に持ちデンソー、ヤマエ久野、鶴味噌醸造、森永製菓、橋本モータース、カンサイ、西鉄天神コア、九州造形短期大学、福岡中央郵便局、宮崎日日新聞社、鳥越製粉、白熊商事、瑞鷹はじめ食品、酒類、ファッション繊維・雑貨・小物、自動車、タクシー、運輸、鉄鋼、電気、土木、建設、舗装、事務機器、商社等500数社の経営販売指導・社員教育・講演、3千名超の営業員同行指導を実施。福岡の「モウさん」として幅広く活躍中。
福岡県庁、福岡市役所、八代・熊本・人吉・宮崎・佐賀・久留米・北九州・福岡県下各商工会議所講師、福岡県商工会連合会、中小企業大学直方校・人吉校講師、福岡銀行講師、NCBR&C講師、営業幹部セミナー、営業力・販売力強化講座、ジュニアクラブ(後継者の勉強会)主宰、九州経営者倶楽部主宰、日経講話会々員、福岡商工会議所会員、福岡都市科学研究所会員、ISO審査員補、山本たけお行政書士(55地行第386号)、顧問先の株主・取締役・監査役を務める。
〔著 書〕
     「中小企業の創造戦略」 「儲かる企業の経営哲学」
〔テキスト〕 「開発型・創造型の経営 」「伸びる条件・つぶれる条件」等400数冊。
〔好きな言葉〕
     「経営に5つや6つ手を打ったくらいで万策尽きたと思うな!」
〔最近の講演テーマ〕
     「デフレ下に元気な企業の秘密」「目覚めよ!!会社の命運はあなたが握っている」
     「不況に負けるな!打つ手は無限」~儲かる七大戦略~  

モウさんの経営散歩(61)後継者教育はいつからが良いのか

               モウやんの経営散歩

                              

 

      後継者教育はいつからが良いのか

(61)

 

先般「後継者教育はいつからが良いのか」のご相談にお答えしたいと思います。社長の後継者問題は周りを見たり、歳相応の自らの健康問題から自社・自分の事として真剣に意識しだす。社長は後継者教育には時間がかかるから早めにしなければ、ということも分かっている。バトンタッチは余力のあるうちが理想だからだ。が現実には息子はまだ若い。と思って自分の歳だけを止めて考えてしまう。更に厳しい環境の時にはそれどころではないという。この考え方が皆会社をだめにし、魅力なき会社作りの布石と化す。こんなことも重なって振り向いたら後継者が育っていなかったと悔やむ。

ナンバー2の時は二割が現社長父親(以下社長という)のようになりたいと思っている。社長が目標である。しかし八割が現社長のようにはなりたくないと考えている。なぜか。社長自身息子が継いで当然だ。という一方、若い頃は後継者としてそれほど意識した接し方をしてこなかった。考える余裕もなく頑張っている姿・背中を見せることが教育だと信じてやってきた。本人に能力がなかったら仕方がないと理性的な解釈。同時にその能力格差も計り知れない程ある。例えば「分からなかったら聞きに来い」といって尋ねにいくと「こんなことも分からんのか!」と一括される始末。本当はあれもこれもと霧がないほどあるのだが。社長と一従業員の関係以上に、息子は厳しく育てなければ経営はとてもじゃないができるものではないと距離を置く。だから日頃よりお互いコミュニケーションをとろうとしない。社長に「こちらから話し掛けて行ったらどうですか」と聞いても曰く「相手から言ってくるべき」と素っ気ない。更に「報告一つして来ない」と憮然として言われる。自分は自力で体を張って、仕事も経営もしてきたという自負と信念があるから、息子とてできて当たり前、できないことはない筈だと。できないのは後継者意識がないからだと厳しいことこの上ない。一方で後継者はそんな社長に近寄りがたい魅力と畏敬の念を持っている。後継者にしたら自我意識も強くなり、社長を反面教師として対立軸に自らの社長像を描く。だから社長が言っても「返事あれど事に及ばす」で聞く耳を持たない。それだけに社内で成長するには時間がかかる

こんな時こそ将来の仲間と悩みを分かち合い、同じ釜の飯を食う学びの出会いが価値そのもの。自分を客観的に見つめることができ、第三者の意見も素直に聞ける。改めて社長の偉大さも知る。こんな場が後継者成長の第一歩となってゆく。後継者教育に早いということはない。しかしバトンタッチは別。これも教育。だから実務経験五年以上の二十台から教育の場を提供してあげるべきだ。その方が会社の為本人の為になるのは同業他社を見たらよく分かろう。

幕末の国論を二分する時行動したのは、十代二十代の時教育を受けた者たちだ。時代はいつも若者を待望してやまない。

 

 


NEW! 「行政書士山本たけお事務所」より

News!!
福岡市東区の住宅群に隣接し玄界灘が臨める、市街化調整区域の『山林4千坪』を
家1軒分 2千万円で販売します。
詳細は弊社代表 山本猛夫宛メールでお問い合わせください。 

「行政書士山本たけお事務所」より、

   過日、山本たけおによる、福岡市東区の下原公民館でテーマ「民事信託の設定について」を講演しました。

最近の相談業務

1.遺言書の起案及び作成指導

2.遺産分割協議書の作成

3.民事信託が注目される理由

時代を反映しているように思います。

 

 

 ・家系図作成、家訓作成支援指導

 ・民事信託制度理解支援

 ・社債発行支援指導 (脱銀行)   

 ・メンタルヘルスマネジメント(社員の心と体の健康管理指導)

 ・その他、医療法人設立等 役所への許認可申請、届け出書の作成一切、お任せください。

 

 

お気軽にご相談ください。

 

 

    (電話092-281-2951)行政書士山本猛夫(福岡のモウさん)宛て

「第20回 「モウさんの社長倶楽部(MSC)」入会のご案内

 業種を問わず学んだ事を即決済できるトップだけの実践倶楽部に、ご入会をお勧めします。

❑明日の事業戦略と、ご自身の自己啓発、生涯の友との出会いの場になると確信します。
❑「情報」を千倍万倍にするのが「経営戦略」です。

⒈趣旨目的


⒉運営理念及びスケジュール

  ⑴運営理念    一、思考改革  一、行動革新  一、価値創造

  ⑵奇数月の午後2時から5時まで 「視察・勉強会」を、その後8時まで「懇親会」を実施。
    なお毎回順次入会を受け付け年6回開催とし、随時入会を受け付けております。

  ⑶毎回、2~3時間経営戦略に関する講話や会員発表、企業視察等「勉強会」を実施し、
    更に懇親会で突っ込んだ情報交換による重層的運営とする。

  ⑷会員間の商取引はこれを歓迎する。

  ⑸会員の要望で、会の発展振興に資すると認めた行事を企画する。「海外視察」他。
 
⒊会員資格

     ⑴会員は決裁権を持った「社長」とする。

     ⑵入会は弊社及び会員紹介とする。

  ⑶随時MSC体制について意見交換する。

4.スケジュール
 

 

月日()

        テ       ー       マ          

勉   強   会

交  流  会

17

平成29年

1月17日(火)

組織の本質⑴

弊社

 ファイアットR

18

平成29年

5月16日(水)

 組織の本質(2)

弊社

特別室

 料亭

花ざかり

19

7月11日(火)

経営とお金と心理学

福岡市

博多 大東園


20

9月12日()

企業視察 

「中小企業の魅力」

北九州市

料亭

21

11月14日()

「事業継続計画」

福岡市

料亭



※テーマや会場は変更になる事もございます。

⒌会場

  ⑴会場はテーマに最適な場所で実施するも、企業視察時は日程等会員にご相談します。

  ⑵第19回は「経営心理学」を、人の使い方・生かし方、物の管理、金の使い方を心理学の面から学びました。
   

⒍会費

  ⑴年会費12万円(含消費税)に含まれるもの(単発参加は2万円/回)

     ・勉強会費、資料費、会場費、お飲み物、経営分析料(希望者)

       能力開発テスト料(希望者)、経営相談


  ⑵年会費に含まれないもの

     ・懇親会費

     ・会場までの往復旅費交通宿泊費、会員希望企画の参加費

お陰さまで創業38年
【主  催】 ㈱販売開発研究所 代表取締役山本猛夫 
        〒812-0039福岡市博多区冷泉町1-3-1213

お申し込みお問い合わせは下記よりお願いします。
☎092(281)2951 FAX092(281)2955 Mail:hanbai@kha.biglobe.ne.jp





事業内容(経営の開発室)

  
あなたの経営のお役にたちます。
経営体質の強化、将来の問題、誰にも相談できない悩み、
お気軽にご相談ください。
◎但し代金(債権)の回収は致しませんが、完全回収の ご支援を致します。

1.経営全般の問題をどの様に解決するか?

(1)経営理念づくり (2)社是・社訓づくり (3)中・長期ビジョン策定 (4)経営戦略の立案 (5)経営診断 (6)経営分析
(7)単年度及び中・長期経営計画の立て方 (8)組織づくり (9)新会社づくり (10)新規事業の企画
(11)経営会議の型決め (12)目標管理制度 (13)事業部制度 (14)分社制度 (15)のれん分け制度
(16)拠点戦略立案 (17)地域戦略 (18)物流システムづくり (19)物流センター構想企画 (20)財務体質強化策
(21)人事制度 (22)MQC導入展開 (23)遊休資産の有効活用 (24)再建 (25)オンリーワン企業づくり


2.販売(受注)をどの様に強化したいか?
(1)販売戦略の立案 (2)販売計画の立て方 (3)販売診断 (4)販売分析 (5)目標管理システム (6)市場戦略の立案 (7)得意先戦略の立案 (8)新規得意先開拓 (9)販売活動管理システム (10)販売(受注)チャネル及びルートの開発 (11)販売(受注)ルートの開発 (12)通信販売システム (13)訪問販売システム (14)テレフォン販売システム (15)同行販売指導 (16)販売(受注)先行管理システム構築 (17)販促企画 (18)催事企画 (19)キャンペーン企画 (20)展示会企画 (21)広告・宣伝企画 (22)販売会議の型決め (23)適正在庫管理システム (24)売掛金回収鮮度管理システム (25)販売(受注)サービス業のTQC導入・展開
(26)得意先管理システム (27)得意先指導育成 (28)得意先の組織化 (29)仕入先協力体制づくり (30)店舗活性化 (31)リベート政策立案 (32)成果配分制度 (33)報賞制度 (34)商品管理システム (35)PCによる販売管理システム(36)HP制作 (37)SNSサイト


3.社員のレベルアップをどの様に実現するか?
(1)後継者育成 (2)経営幹部教育 (3)中間管理職教育 (4)営業マン教育 (5)社員教育 (6)店長教育 (7)店員教育 (8)社員のモラールアップ研修 (9)ロールプレイング (10)自己開発のすすめ方 (11)商談のすすめ方 (12)応酬話法の展開(13)能力開発テスト (14)営業部員能力開発テスト

4.製造の問題をどの様に解決するか?
(1)新商(製)品開発 (2)製造QCの導入展開 (3)コストダウン展開システム (4)設備投資の判断 (5)生産性の向上展開 (6)製造工程管理システム (7)看板方式導入 (8)5Sシステム導入展開

5.経理事務の合理化をどの様に急ぐか?
(1)事務管理制度 (2)財務管理制度 (3)管理会計制度 (4)原価管理制度 (5)帳票制度の合理化・見直し (6)資金繰計画 (7)先行管理システムの導入展開 (8)節税諸策 (9)金利負担の軽減策 (10)PC経営管理システム導入(11)派遣制度の活用 (12)マイナンバー制度の導入・展開 

6.社内体制をどの様に確立するか?
(1)就業規則 (2)幹部社員行動指針づくり (3)給与規定 (4)退職金規程 (5)パート・アルバイト就業規則 (6)業務分掌規程 (7)権限規程 (8)取締役規程 (9)駐在員制度 (10)出向制度 (11)フレックスタイム制度
(12)人事考課制度

7.市場調査をどの様にするか?

(1)拠点立地調査 (2)新規市場参入調査 (3)商品(製品)の市場調査 (4)来店客実態調査 (5)覆面調査 (6)商(製)品のシェア調査 (7)ライバル調査 (8)通行量調査 (9)広告商品の視聴率調査


8.記念誌や社歌をどうやって作るか?
(1)自叙伝 (2)社歌 (3)記念誌

9.当社開発システム(HK=販売開発研究所)の有効活用を図る
(1)HK経営戦略開発システム (2)HK新規事業開発システム (3)HK販売戦略開発システム (4)HK販売工程管理システム (5)HK商品開発システム (6)HK販促企画開発システム (7)HK人材開発システム
(8)HK4Sシステム


経営者のどんな悩みにも的確に対応。
お客さまの悩みにお応えし、1979年来の
  先進ノウハウで、貴社と一緒に解決して参ります。

上記120テーマは、これまで取り組んで来たものです。

                                                                                          
                                        
                                          ©2010熊本県くまモン#13272

モウさんの社長指南167 「5Sのルーツは家庭」



モウさんの社長指南(167)


      5Sのルーツは家庭 ⑴  

       元気企業づくりの処方箋

 

5Sは整理(seiri) 整頓(seiton) 清掃(seiso) 清潔(seiketu) 躾(situke) のアルファベットの頭文字を取ったもので、それぞれの意味を整理すると、

整理」とは、要るものと要らないものを明確に分けて、要らないものは潔く捨てる。 

整頓」とは、要るものを使い易いようにキチンと決められた場所に置き、いつでも誰でも分かるように明示しておくこと。 

清掃」とは、常に掃除し、きれいにすること。磨きあげ、常に手入れをする。 「清潔」とは、3S(整理、整頓、清掃)を維持すること。

」 とは、決めたことをいつも正しく守る習慣をつけること。 

以上の5Sに「習慣(shukan)」を加えて、6Sとする考え方もあるが、「躾」に含まれるとする見方が多い。躾の深く意味するところをよく理解すべきだ。朝起きて必ず「洗顔」をする。人に会ったら必ず「挨拶」をする。使った物は元に戻す。物事の順序ややり方をルール化し、定着させること。標準化だ。誰でもわかり、できるように教育すること。

そもそも5Sのルーツは家庭や学校に昔からあった。

整理して出てきた家庭の不要物や可燃物はお風呂等の燃料がわりに利用された。着古された浴衣は乳児のおむつに、着られなくなった下着類は雑巾にそれぞれ変わった。

整理ダンスの引き出しの一つひとつには名前があり、そこにみんなの名前が書かれた下着がきちんと整頓されていた。

清掃は窓を開けて、障子の上から下に向かって「はたき」をかけ、廊下は箒で板目に沿って隅から隅まで掃く。最後に糠入りの雑巾で拭けば、檜の廊下があめ色に輝いてくる。部屋の畳表はチリや埃を箒で掃きながら、詰まったダニや今はいないノミまでたたき出し、茶殻を撒いて掃く。さらに固く絞った雑巾で拭きあげる。室内にちりや埃があると、喘息を患い肺炎を併発するリスクもある。家庭の日々の清掃は定型業務(ルーティン)として子供へのとして引き継がれ、環境の変化に対応しつつ、健康生活を支えている。戦後は医師も少なく病院も近くにない。その上、今のように国民健康保険制度(1961年4月に国民皆保険となる)がなかった。清潔で健康を保つことは、医療費の抑制を図る大事な生活防衛でもあった。

学校に行くと門には学校名が、靴箱には名前が記され、教室の入り口の上には1年1組などと明記されていた。学期末には期間中のテストがばらばらにならないように、表紙の厚紙に学年と氏名が書かれ、つづり紐できちんと結ばれて保管されていた。

 企業の5Sは第一次オイルショック後から始まった。原油価格が4倍になった結果、電気料金や原材料費の上昇に加えて、原材料も不足し、製造原価や販売価格の高騰を招いた。未曽有の危機から生き残るために、ゼロベースで3ム(ムダ・ムラ・ムリ)を排除し、新しい経営管理手法として3Sの導入から5Sへと広がっていった。

次号からは、今も変わらぬ厳しい取り組みについて紹介する。


店舗・会社情報

店舗(企業)名 株式会社販売開発研究所
ふりがな はんばいかいはつけんきゅうしょ
カテゴリー コンサル・士業・専門家
教育・研修・資格・人材
専門サービス
販売
博多区
所在地 812-0039
福岡県福岡市博多区冷泉町1-3-1213
電話番号 092-281-2951
FAX番号 092-281-2955
代表者 山本 猛夫
資本金 1000(万円)
設立(創業)年月日 1979-07-29
取り扱い商品・サービス 経営診断・指導、販売診断・指導、社員教育、講演、セミナー、5S導入、家族信託・遺産相続手続き
紹介文 経営体質の強化、販売力・営業力の強化、現状の問題・将来の課題、5S導入、家族信託、遺産相続問題など お気軽にご相談ください。経営のスペシャリスト集団。
ホームページURL http://tinyurl.com/hanbai
メールアドレス hanbai@kha.biglobe.ne.jp